海外旅行でスマホの充電どうしてる?【国別対応プラグ一覧】


海外旅行にスマホやタブレットを持っていったものの


充電はいつも通りコンセントに刺したらできるの?

と不安な方も多いはず。

結論から言いますと、

できるときとできないときがあります。


変換プラグを用意しましょう。

変圧器は必要ありません。

以上3点です。

 

できるとき、というのはそのままコンセントに刺せるときです。


できないとき、というのはコンセントに刺さらないときです。

 

海外のコンセント事情

日本のコンセントといえばこれだと思います。

縦に2本並んでいるパターンですね。

これはAタイプと言われていて、

これのみしか使われていない国は

日本
アメリカ(ハワイ、グアム、サイパンも含みます)
コロンビア
ベネズエラ

Aタイプなど複数に対応している国は

【北米・中南米】

カナダ
メキシコ
プエルトリコ
エクアドル
バハマ
パナマ
ドミニカ共和国
ホンジュラス
ケイマン諸島
エルサルバドル
キューバ
グアテマラ
ニカラグア
ブラジル

【アジア】

タイ
台湾
フィリピン

【オセアニア】
パラオ

になります。

これらの国に行く場合は日本で使っているものをそのまま持っていって大丈夫です。

後に紹介しますが、アジアはすぐ隣の国なのにコンセントの形が全然違ったりするので要注意です。

例えば、タイでそのまま使えるのに、マレーシアでは使えません。

なんとなく似た形なので差し込めて、充電できることもあるのですが、

ボン!

と火花を吹いたり

バチッ

となるのでやめといたほうがいいです。

(私が経験済み)

その他の国については以下で紹介します。

対応しているタイプを確認して、変換プラグを用意しましょう。

全てのタイプに対応しているものもありますが、大きくて場所をとりますし、値段も高いので、おすすめしません。

日本だと1タイプにしか対応していませんが、海外だと、複数のタイプに対応してる差込口もあるので、渡航先に合わせて用意しましょう。

主要なタイプでしたら100円均一にも売っていますし、その他のタイプも家電量販店で200円程度で売っていますので、渡航先に合わせて買っておいたら問題ありません。

ちなみに私は毎回用意していきません笑

というのも、その日の宿で貸してくれることもありますし、必要になればそのあたりですぐに手に入るからです。

数百円で済む話ですので、不安になる人は用意していきましょう。

国別対応プラグ一覧

【アジア】

日本           A
インド      B/B3/BF/C
インドネシア B/B3/C/SE
韓国           A/C/SE
シンガポール B/B3/BF
タイ           A/BF/C
台湾           A/C/O
中国     A/B/B3/BF/C/O/SE
パキスタン  C/B
フィリピン  A/O
香港           B/B3/BF/C
マレーシア  B/B3/BF/C

【オセアニア】

オーストラリア     O
ニューカレドニア C/O/SE
ニュージーランド O

【南北アメリカ】

アメリカ合衆国    A
アルゼンチン       BF/C/SE/O
カナダ        A
チリ           B3/C/SE
ブラジル              A/C/SE
ペルー        A/C/SE
メキシコ              A/C/SE

【ヨーロッパ】

イギリス              BF/B3
イタリア              C
オーストリア      C/SE
オランダ              C/SE
ギリシャ              B3/C/SE
スイス         C/SE
スウェーデン       C/SE
スペイン               A/C/SE
ロシア    C
デンマーク           C
ドイツ        C/SE
ノルウェー           C/SE
フィンランド       C/SE
フランス              C/SE
ベルギー              C/SE
ポーランド           B3/C
ポルトガル           B3/C/SE

【中近東】

イラク        BF/B/C
イラン        C/SE
サウジアラビア    A/B3/BF/C
トルコ        C/B3/SE

【アフリカ】

カナリア諸島       C
ケニア        B/B3/C
ナイジェリア       BF/C
南アフリカ           B/B3/BF/C

変圧器について

実は国によって、電圧が違います。

一昔前前ならこんな変圧器を持って海外旅行に行っていた人もいると思います。

ただ現在となっては、皆さんが充電するような、スマホ、タブレット、パソコン、髭剃り、ドライヤーなどは世界基準で作られているものがほとんどで、自動で電圧に対応してくれます。

心配いりません。

なのでここでは電圧については触れないでおきます。

その日のバッテリー事情が心配であれば、そこそこ容量のあるモバイルバッテリーを持っていくと良いです。

また、宿によっては

「なぜそこにしかコンセントがないんだ!」

という部屋もあるので、

荷物に余裕があるのであれば、タコ足延長ケーブルを持っていくと便利で、旅の仲間とも仲良く充電場所を分け合えますよ笑

それでは楽しい旅をお過ごしください。


関連記事

  1. 【タイ バンコク】海外でiPhoneを修理した話

  2. 海外旅行はじめての一人旅におすすめの国

  3. 【裏技!?】海外旅行でスマホはレンタルするより買った方がお得で楽チン!…

  4. 一人旅も怖くない!海外旅行で必要な英語表現はたった3つだけ

  5. 海外旅行で一人旅をのんびり満足させる方法

  6. 海外旅行でもスマホを使おう【海外SIM購入編】

  7. 海外旅行で風邪をひいてしまったら【英語話せなくてもOK】

  8. 海外旅行で女一人旅は危険【男目線で解説】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。