海外旅行で一人旅をのんびり満足させる方法

一人旅のスタイルも様々なのですが、

今回は限られた日数の中でも、のんびり一人旅を満喫するプランの立て方について考えていきます。

出発までに考えておくこと

目的の国とメインの目的

旅の日数

これだけ考えておけば十分です。

 

目的の国とメインの目的

今回の旅の目玉は何か、ということです。

何か見たいものがあるのか

建築物・名所など

何かやってみたいことがあるのか

買い物・スポーツ・アクティビティ・イベント参加など

目的を一つはっきりさせましょう。

いくつもあるかもしれませんが、そもそも今回の旅を思いついたきっかけになったことがあるはずです。

また、不測の事態で予定通りにいかなくても、これだけは死守したいこと、というものとしてもはっきりさせておくと、いざなにかを諦めないといけない決断をせまられたときでも迷いません。

そうするとおのずと、国も決まってきますね。

国から先に決めている人は、その国の中で一番やってみたいことを決めておきましょう。

そんなことをしているうちに、実は選考に落ちた候補目的たちが知識として蓄えられていて

脳内補欠組にたくわえられていっています。

 

旅の日数

今回は最低限の日数で考えていますが、日数に余裕があるに越したことはありません。

必要な日数は

目的達成までの最短日数+3日程度です

【目的達成までの最短日数】とは

往路の時間、国に到着してから目的地までの移動時間、目的を達成するために必要な時間、復路の時間を全て合わせたものです。

 

それでは先月、私がタイのパンガン島で行われたフルムーンパーティに参加したことを例に考えてみます。

【目的・目的地】タイのフルムーンパーティへの参加

【目的達成までの最短日数】

1日目 深夜 日本の空港からタイ(バンコク)経由でスラタニ空港まで

2日目 スラタニ到着、港までバス移動、船でパンガン島まで渡る(着いたら昼過ぎ)

島に着いたらタクシーを使うorバイクをレンタルしてハードリンビーチまで移動

ホテル探し、あとはのんびり翌日に備える

3日目 遅めに起きて、島内を散策orビーチでのんびりして、夜はフルムーンパーティ朝まで騒ぎ倒す

4日目 早朝の船で本土へと戻り、バスでスラタニ空港へ

スラタニからバンコク経由で日本行きの飛行機に乗る。深夜日本に到着。

4日間

これが最短必要日数です。

ですが、ツアーでいろいろ保証されているならともかく、一人旅でこれを実行しようと思ったら、綿密な計画と予約がいるので、出発までに疲れ果ててしまいます。

つまりあまり現実的ではありません。

そこで私は3日プラスして少し余裕を持たせて実行してみました。

【変更後】

1日目 深夜 マレーシア(クアラルンプール)に向けて出発

2日目 朝、クアラルンプール到着、宿にチェックイン、少し休憩して、街を散策

3日目 朝 クアラルンプール空港からスラタニスラタニ行きの飛行機に乗る。

4日目 スラタニ到着、港までバス移動、船でパンガン島まで渡る(着いたら昼過ぎ)

島に着いたらタクシーを使うorバイクをレンタルしてハードリンビーチまで移動

ホテル探し、あとはのんびり翌日に備える

5日目 遅めに起きて、島内を散策orビーチでのんびりして、夜はフルムーンパーティ朝まで騒ぎ倒す

6日目 早朝の船で本土へと戻り、バスでスラタニ空港へ

スラタニからバンコク行きの飛行機に乗る。

昼過ぎにバンコクについて市内に出てのんびりマッサージ&観光

深夜の便で日本へ出発

7日目 早朝、日本へ帰国

という感じで、

今回の変更点は、

タイへの往路をわざと遠回りして、マレーシアに寄っていくことにしました。クアラルンプール自体は1日でも十分満足できるでしょう。

スラタニへも数千円で飛行機が出ているので、それほど費用も増えません。

もう一つは、復路のスケジュールにゆとりを持たせました。

バンコクですぐに乗り換えて日本行きに乗るのではなく、一度バンコクで外に出てしまいます。

一応、トランジット(乗り換え)中に経由地で降りて外にでることができたはずなのですが、前にそれをやろうとしたらうまくいかなかったことがあったので、今回は別々にチケットを購入することを提案しておきます。

 

今回変更した最大の理由は

乗り換えスケジュールがあまりにタイトすぎたことです。

一つでも出発が遅れたりしたら、全てパーになりかねないです。

東南アジアだとLCC(格安航空)が多く飛んでいてみんな当たり前に使っていますが、遅延なんて日常茶飯事です。

先日のタイ行きの飛行機が7時間遅れで出発したことがありました。

同じ飛行機会社でまとめて予約すると、ある程度保証はしてくれますが、現地のイベントに参加することまでは保証してはくれません笑

なので、できるだけLCCのタイトな乗り継ぎのスケジュールを避けました。

そのかわりに空いた時間にふらふらのんびりする時間をいれた、という感じです。

マレーシア経由にしたのは、島についてのんびりする選択肢もあって、それももちろんありなのですが、実はパンガン島3回目なので、その時間使って他のとこ見にいくことにしました。クアラルンプールも4回目ですが笑

 

あと違う国を少しでも経由したら、

「外国行ったぁ!」という気が増すかなぁと思ったから、試しに入れてみたのもあります笑

3日増やして行ってみた結果は、ゆとりが生まれて満足です。

ちなみに、追加したマレーシアと復路のタイで、何をするかは前日、または着いてから考えました。マレーシアでは「世界一静かなスターバックス」に行ってきました。

これも現地でたまたま出会った人に教えてもらっただけです。

こんな感じですることが決まっていたわけではなかったので気楽なもんです。

何より、道中、帰国後に体調を崩さなかったのが一番の成果です。

過密スケジュールで行くと帰国後に体調崩して、なんの為に海外行ってたんだとなりかねません笑

時間の限り動き続けるのも旅行の楽しみですが、

ノープランまではいかなくても、最低限の目的だけ持って出発するのも

時間的にも精神的にもゆとりをもって旅行できて、結果的に満足できると思いますよ。

関連記事

  1. 【タイ バンコク】海外でiPhoneを修理した話

  2. 海外旅行で風邪をひいてしまったら【英語話せなくてもOK】

  3. 一人旅も怖くない!海外旅行で必要な英語表現はたった3つだけ

  4. 海外旅行で一人旅におすすめの持ち物、あると便利な物

  5. 海外旅行でもスマホを使おう【準備編】

  6. 海外旅行で女一人旅は危険【男目線で解説】

  7. 【裏技!?】海外旅行でスマホはレンタルするより買った方がお得で楽チン!…

  8. 海外旅行はじめての一人旅におすすめの国

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。