海外旅行で一人旅におすすめの持ち物、あると便利な物


荷物は軽く、少ないほうがいいです。


疲労も減りますし、機内に持ち込めば飛行機での移動も楽です。

なので基本的に荷物はできるだけ少なく、軽くするスタンスで、

おすすめできるものを書いてみました。

 


かばん

スーツケースでも悪くはないですが、身軽に移動するならバックパックがおすすめです。

あと防水性もあるといいです。

あと生地が柔らかすぎると、鍵をかけても簡単にかばんを開けられてしまうので、

そこそこ固さもあったほうがいいです。

私は旅のために揃える道具は極力減らしたかったので、


ここ数年は通勤かばんにもなっている、

アークテリクスのアロー22を使っています。

長年愛用者の多いバックパックですが、シンプルなのに飽きのないデザインで、容量、防水性、疲労軽減等、申し分ないです。

最近モデルチェンジがあって、ちぎれやすいチャックの取手の強化や、軽量化がおこなわれて、より使いやすくなっていました。

今から買うなら新しいほうを買ったらいいと思います。

 

背負うのは最低限にしたい!とお考えの方には、

ソロツーリストからキャスター付きのリュックで

ソロ・ツーリスト アブロードキャリー43

が出ているので、おすすめです。友人が使っていましたが、生地の耐久性もあって、ほとんど背負わずにいけるとのことです。

少しでも軽いものをお探しでしたら

Lee Deeは女性にもおすすめです。値段もお手頃です。

LeeDee 2WAYキャリーバッグ

スマホ

SIMフリー端末を用意しましょう。

https://ipadon.tech/2020/01/24/海外旅行でもスマホを使おう【準備編】/
https://ipadon.tech/2020/01/25/海外旅行でもスマホを使おう【海外sim購入編】/

便利なのはもちろんですが、これがあると、ガイドブックいりません!

もともと行きたいところがあるなら、写真をとったり、メモアプリに保存しておけばOKです。

そういった面でまず重さが軽減されます。

また困ったことがあったらすぐに調べられるので、行動範囲が広がるのと、セキュリティ面でも安心です。

ポケットWi-Fiを持っていくのもありですが、荷物が増えるのと、リアルタイムにネット・電話につながっていないので、機動性が下がるのであまりおすすめしません。

無理して不自由になる必要はありません。使えるものは使っていきましょう。

 

衣類

基本的な服は2日分くらいいれておけば、着まわせます。

現地にはランドリーサービスがあるところが多いです。

日本でいうクリーニング屋さんです。

朝渡したら夕方には洗濯して畳んでくれているサービスです。

別に高くないサービスなので、そういうものも活用していきましょう。

ただ場所によりますが、大抵は洗濯機に放りこんで、乾燥機に入れるだけなので、デリケートな服なら自分で洗いましょう笑

 

スニーカーなど履き慣れたものでいきましょう。

もし暖かい国でサンダル生活なることが予想できるなら、

シューズ機能も備えたサンダルがおすすめです。

ビーチサンダルに慣れている人ならいいのですが、私はすぐに靴ずれして痛くなってしまうので、あまりビーサンは履きません。

そんな中出会ったおすすめサンダルが

KEENのニューポートH2です

履いた人なら分かるのですが、恐ろしく履き心地が良いです。良すぎます。

そうすると何が起きるかというと、足よりも先に他の部分が疲労でやられてしまいます笑

私の場合、1日に10キロ以上歩いた日には、足はなんともないのに、腰だけが痛くなるという奇妙な状況になってしまいました。

歩きすぎは禁物ですが、疲れ知らずのこのサンダルはおすすめです。

Amazonなどで安く買えればいいのですが、

私は足が大きいので、KEENの専門店にはサイズがありませんでしたが、公式サイトで買うことができました。

 

マウンテンパーカー・ウィンドブレーカー

雨天をしのぐだけでなく、寒さしのぎに使えます。

飛行機の中や、ショッピングモール、バスの中など、意外に寒い場所がよくあるので

そういったときにサッと取り出して使います。

寒い場所では暖かくして、体調を崩さないようにしましょう。

最もコスパが高いのはユニクロのブロックテックパーカーです。

その他各社からマウンテンパーカー・ウィンドブレーカーが出ているので、好きなデザインを買うといいです。

少し寒い場所に行くなら

これまたユニクロのウルトラライトダウンジャケットを一つ忍ばせていくといいです。

バックパッカー界隈では有名な話ですが、こいつは超万能です。

  

ナンバー形式の鍵を2つ持っていくといいです。

鍵式にしたら鍵を無くしたときに面倒だからです笑

1つは常に自分のバックパック

もう一つは予備で、宿のロッカーの鍵を閉めるときに使ったり、たまに必要になったりします。

ひとつ気をつけることは空港で荷物を預けるなら「TSA」付きの鍵じゃなかったら、空港で破壊される可能性ある、ということです。(私は基本預けないので、開けろと言われたらその場で開けるので大丈夫ですが)

TSAマークはこういうやつです

結局ナンバー式だと、本気で狙われたら時間の問題なのですが、付けているだけで、スリや、荷物荒らしに狙われる可能性が減るので、セキュリティ面を強化するために持っていていいと思います。

 

とりあえず今日はこのあたりで、また思いつき次第書き足していきますね。


関連記事

  1. 【2020年版】海外旅行におすすめモバイルバッテリー

  2. 【タイ バンコク】海外でiPhoneを修理した話

  3. 海外旅行でスマホの充電どうしてる?【国別対応プラグ一覧】

  4. 海外旅行で風邪をひいてしまったら【英語話せなくてもOK】

  5. 海外旅行はじめての一人旅におすすめの国

  6. 一人旅も怖くない!海外旅行で必要な英語表現はたった3つだけ

  7. 海外旅行でもスマホを使おう【海外SIM購入編】

  8. 海外旅行 暇つぶしに最強おすすめアプリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。